神前式を検討している方へ

男女

少人数での結婚式にも

日本人らしい結婚式をしたい・ウエディングドレスより着物で挙式がしたいという理由で神前式を検討しているカップルには、由緒正しい神社での神社挙式をおすすめします。また、神社挙式は神殿に入れる人数に限りがあり、厳かな中にもアットホームな雰囲気で儀式が行われるので、少人数での結婚式にも向いています。伝統と格式の高さがある神社挙式は、両親や祖父母の世代の方にも印象が良く、親族盃の儀という両家の親族一同が参加する儀式もあるので、新郎新婦だけではなく両家の繋がりも大切にした式だといえます。若い参列者の方にとっても、神社という場所は初詣や観光で訪れる機会が多く親しみがある場所ですし、どのような年代の方にも満足して頂けます。神社挙式では白無垢や色打掛・引き振袖に合わせてかつらを着けることになりますが、現代では時間や予算の都合から洋髪スタイルが主流になっていて、挙式の際には綿帽子を被ることが多いです。そして、神社挙式の後に披露宴も行う場合は、お色直しでウエディングドレスを着用し、和装・洋装の両方を楽しむことも出来ます。神社挙式が終わった後も、神社という歴史のある場所はずっと無くなることなく存在するので、子どもが産まれたら同じ神社でお宮参りや七五三をすることが出来ますし、初詣やお参りに出掛ける度に結婚式の思い出が甦ることも魅力です。日本に古くから伝わる雅楽の音色や、巫女さんの美しい舞も神社挙式でしか味わえない体験ですし、神社によっては観光客や地元の方も一緒にお祝いしてくれることがあります。